元気になる言葉は?

おはようございます。

鈴木由美です。



目標立てて

やってみて出来なかったとか

やることすら忘れていたとか

いろいろありますが

目標が達成できなかった時

自分や相手にどんな言葉をかけてますか?


実施率によりますか?

0%とか

50%とか

85%とか

それは、相手がそのことをどう捉えているかによりますわね。



出来なかった方をみて

あるいは、できた方を見て

どう想ってるか?

大まかに言えば

出来なかった方は「伸びしろ」

出来た方は「成功の秘訣」

どっちも

今後の自分に生かすリソース

つまりは、「材料」で「宝物」

どう?

元気になりそう?



だけどね。

安心してそこで止まったら

ほんとの元気まで達しない。



例えば

「伸びしろ」って認識して安心しちゃったら、そこで終了。

その言葉にホッとしちゃってそこで止まる。

じゃ、どうやって伸ばすの?


「成功の秘訣」って言っても

具体的に何をどうしたのかわからなければ

次に意図して使えない。

宝物にできるかどうかは

自分次第

もっと具体的!って掘り下げていこう!

「安心」はベースでそこから始まる。



だけど

苦手なものとか

不都合なものって

見たくないんだよねぇ

つい避けちゃう(*´艸`*)

避けておいて

「ストレスだ~」

とか

「自分は弱いんです」

とか

「ダメなんです」

って平気で言う。

もったいないな。


私は、不安なんですううううって言ってるようなもんで

まるで安心することが生きる目標?

とっとと安心して、やりたいことやりましょう。

伸びしろの塊な私たちなんだから

そして、制限ありの人生なんだから


ではまた

ごきげんよう


一社)健康支援フレッシュ・キラリ

健康で幸せに生きたいあなたをどんな人生のシーンでも保健力が高まるプライマリな支援をします。 プロ保健師が対応します。個人、家族、企業、行政の皆様。何をお困りですか?ご相談ください。

0コメント

  • 1000 / 1000