幸せになりたいなら、口ぐせを変えてみる

写真は、3月まで放送されていたNHK朝ドラです。

ちょっと加工して拝借致しました。


この中で、主人公の貴美子が息子の武志に

「楽しんでな」といって大学へ送り出しました。


武志は、この後白血病で亡くなりますが

「いつもと変わらない一日は特別な一日」

普通の毎日を愛しんで生き抜いた。



メンタルヘルスで大事なことは

自分が今幸せだと感じること。

そのためには、自分や今ある状況を丸のまま受け容れなければなりません。


受け容れると

始めて、生きて今ここにいることがいかに幸せか実感できます。


何でもない普通の時は

自分の想い通りになることが幸せとばかりに過ごしてしまします。


想い通りにならないことが当たり前

そうだとしても

そこまで割り切れるにはもっとたくさんの人生経験が必要でしょう。


そこで、口ぐせを変えてみませんか?


何かにトライするときに

「楽しい!」ってやってみる。


ゲームも

楽しいってトライすると失敗も楽しい。


習い事も

「楽しい」

家事も

「楽しい」

仕事も

「楽しい」


楽しいって先に決めてトライ


それでも、楽しくならない時は

きっと、深いところにストッパーがあるんですね。

気づけばそれも消えます。


まずは、「楽しい」って言ってみましょう!




一社)健康支援フレッシュ・キラリ

保健指導承ります。 気兼ねなく言えて、自分が今やることに気づける。 年1回の面談でも十分に変化は起きる!

0コメント

  • 1000 / 1000