正しい「ありがとう」の伝え方

こんにちは

自分を生きて輝く

 フレッシュ・キラリ 

 鈴木由美です。


今日は、先週のメルマガで一番人気のあった記事をちょっと加筆しながら、ご紹介します。


今、最前線で頑張っている医療職の皆さんや

窓口対応をしている人

何とか早期に収束を計れないか挑んでいる人たちがいます。

その人たちに、せめて感謝を伝えたい。

これを知っていると相手に届く想いの質が変わります。



ありがとうの伝え方に正解はあるのでしょうか?

 裏ありの伝え方を間違った伝え方としたら 

 「正しい伝え方」となりますね。 

「 正しい伝え方」というよりは 、

むしろ 「純粋な伝え方」 と言えます。


第一線で頑張ってる方々に
 「大好き 」「ありがとう 」
純粋にこれを伝えることは 
 簡単でもあり
 難しくもあります。




自分は何もできなくてごめんね

そんな想いがつい出てしまうことがあるから。

伝えた自分の気持ちはどうですか?

そうすると、相手はどんな状態になるでしょう?




(中略)


 

では、おすすめの送り方は
まず、「 全部受け容れた」という前提で 
 その上で  無限大の感謝の想いを送りました 。



 全て受け容れた と決めてもざわつくときは
 具体的な裏の想いに気づくステージに立ったということですね。

 
 受け容れるとどんな想いもストレートに伝わる。 
 そして、人としての器も大きくなる。 
 



自分は、はたして自分を好きなのか

気づいていますか?


嫌ってる時って、スキッとしてないんですよね。

良かったら こちらもお読みください↓

自分にぴったりな「好き状態」のことを説明しています。




純粋な想いをさらに伝えたい方には、波動の実技研修がおすすめです。


一般社団法人健康支援  フレッシュ・キラリ

健康で幸せに生きたい全ての方に保健指導を提供する法人です。指導なのに楽しくて元気になる。自分で決めること、行動することを大事にしています。 心と体の健康習慣獲得を通して自分を信頼して生きる人を増やし、健康な社会創りに貢献します。

0コメント

  • 1000 / 1000