コロナ禍で健康になる人、不健康になる人

健康になる人と不健康になる人の境目は? 

結局は、他人を気にして生きているか、それとも自分を生きているか

その一言になる。


特定保健指導で健康習慣の獲得を支援していますが

新型コロナ感染症対策が始まると

獲得していく健康習慣の最優先課題も変化しました。


夜遅い飲食が減り

付き合い酒が減り

つまり、生活リズムを崩していた食のリズムが改善した。

睡眠時間も十分に取れるようになった。

ストレスも減り、喫煙本数が減った。

一見良いことづくめのよう。



反面、通勤が無くなり

身体活動がグッと減っている。

ジムも就業中なので、なおのこと

運動不足な状態の方が増えている。


また、付き合い酒は無くなったけど

休肝日もなくなった。

ダラダラと一日中食べるようになった

好きな時に喫煙できるようになり、むしろ本数が増えた。



皆様、口々に言います。


自分の意思が弱いので




はた迷惑なウイルスではありますが

自分の意思を強くしていくチャンス。


ここで意思が強くなれば、

この先も自分主体に動くことが出来る。


付き合いで接待するときも

相手任せではなく、どう付き合うか自分で決めることが出来る。


では、どうやって意思を強くしていくか

それは、決めてやるだけのこと

決めて動く。

それがやれないから、面白い

そこがまた伸びしろ

健康で幸せな生き方への入り口



一般社団法人健康支援  フレッシュ・キラリ

健康で幸せに生きたい全ての方に保健指導を提供する法人です。 気を遣わない保健指導であなたの人生を変えていくことに力を注ぎます。

0コメント

  • 1000 / 1000