自費でコロナの検査はどこで受けられるのかな?

宮城県内 PCR検査 抗体検査を受けられる病院クリニックをまとめてみました。



「最近、身近に陽性者が出たって聞いて不安だわ」とか

「お店を再開するのに陰性の証明をしたい」とか

出張で「陰性証明が必要」とか

症状は無いけど、受けたいという方は、結構いる。


こういうのって

新型コロナの相談窓口とか保健所に相談してもらちが明かない。

公的機関は、特定のクリニックを紹介でき無いし、

社会を守る公衆衛生の砦が保健所の役割だから。



個人の不安は、個人で解消

今は、ネットという味方もあるし


「コロナ 自費」って検索すると

日本中の希望をかなえられる場所がヒットする。

そこに「宮城 仙台」って入れて検索してみたら

下記の病院さん、クリニックさんがヒットしました。

出てきた順に、リンクを勝手に貼ってみました。

個人的なメモですが、参考になったら幸いです。

詳しい情報は、必要な時に、チェックしてください。

河北新報にのっていた「唾液で検査できる準備が整った」仙台市の民間検査機関は

9月から始動のようですね。


5日前よりも、増えていました。

これからも 続々増えるかも。

いつか、インフルエンザのように

かかりつけ医で治療が受けられるようになりますように。


そもそもPCR検査を受けても

30%はすり抜けるといいますが

「不安」を解消するには検査で大丈夫って言ってほしい

その気持ちは、ちょっと収まるかもしれません。







新型コロナウイルス 抗体検査と抗原検査紫山公園ファミリークリニック/宮城県仙台市泉区 内科・呼吸器内科・小児科・外科・皮ふ科 | 紫山公園ファミリークリニック/宮城県仙台市泉区 内科・呼吸器内科・小児

新型コロナウイルス感染の診断法として、ダイヤモンドプリンセス号での話題の頃からよく聞かれていたのが PCR検査です。これは、コロナウイルスの遺伝子の一部を特異的に増幅して検出する方法で、ごくわずかのウイルス量でも検出可能です。PCR検査の感度が低いという話が、よく聞かれますが、これは採取検体中のウイルス量が検出限界以下であることを示しているだけです。たとえ感染していたとしても採取検体中にウイルスが存在していなければ、PCR検査がいかに高感度であっても検出は不可能ということです。さて、最近、新型コロナウイルスの抗体検査の話題がしばしば目に留まるようになりました。しかしながら、抗体検査には注意が必要です。抗体検査とは何かを理解することが大切です。コロナウイルスに感染するとヒトは免疫応答によって抗体を産生します。まず、IgMが産生され、ついでIgGが産生されます。血液中に存在するこれらの抗体を検出するのが抗体検査です。従って、コロナウイルスそのものを検出しているわけではないことに注意しなければなりません。さらに、IgMは感染数日で出現し、1週間後程度に最大値となり、1ヶ月程度で消失します。一方、IgGは感染数週間程度から出現し、以降長期にわたって存在します。従って、IgGが検出されたからといって、コロナウイルスに現在感染しているというわけではなく、過去に感染したことを示しているに過ぎないわけです。少なくとも、抗体検査をする以上は、IgMとIgGを同時に測定する必要があるわけです。加えて、現在市井で見受けられる抗体検査キットの性能が同等ではないようです。厚生労働省の研究班が日本赤十字社の協力を得て、計1000人を対象に抗体検査を実施しました(下表参照)。5社の検査キットを用いて検討していますが、陽性率が異なることと、偽陽性例(感染していないにも関わらず、検査陽性となること)も指摘されました。アメリカ食品医薬品局FDAからの報告では、抗体検査は公衆衛生の検討において用いられるべきもので、感染の有無を検査する単独の方法として用いるべきではないとしています。更には、抗体の存在が再感染の予防や重症化の軽減につながるのかとか、獲得免疫がどの程度継続するのかといった疑問に対する研究は未だ途上であるとしています。つまり、抗体陽性だからといって再び新型コロナウイルスに罹患しないと言い切るだ

murasakiyamapark-clinic.com

一般社団法人健康支援  フレッシュ・キラリ

健康で幸せに生きたい全ての方に保健指導を提供する法人です。指導なのに楽しくて元気になる。自分で決めること、行動することを大事にしています。 心と体の健康習慣獲得を通して自分を信頼して生きる人を増やし、健康な社会創りに貢献します。

0コメント

  • 1000 / 1000